日本書紀

Nihonsyoki

田邉顕一作
ぺけ絵
2-4人
30-60分
8歳以上

TGF2010F初出予定

エラッタ

関連リンク  play;game

ルール  PDFファイル(日本語ルール修正版)

Author: Kenichi Tanabe
Illust: Peke
Player: 2-4
Playing time: 30-60
Age: 8 and up

Coming from Table Game Festibal 2010F

Errata

External link
BoardGameGeek

Rule  PDF File(English rule)


 日本書紀とは三十冊からなる各地の故事(小話)を集めた日本最古の歴史書です。
 プレイヤーは日本書紀の編纂に当たる役人の一人となり、各地に点在する故事を集め、より良い日本書紀を作成します。

 ゲームは手番時に3つのアクションを行うことによって進み、3つともアクションが完了したら次のプレイヤーに手番が移動します。全員1度ずつ手番を行ったら1ラウンドが終了し、全部で6ラウンド行い、得点を競います。
 アクションが描かれているアクションボードは東、中央、西に分かれており、それぞれのアクション群となっています。つまり、各方面で1アクションずつ行われます。
 また、もう一つ、日本書紀の各巻を表している円が幾つかずつ描かれた4枚のモジュールボードからなります。
 これら、モジュールボードはゲームの最初に組み合わせ、ゲーム毎に異なる展開となります。



 手番での基本はモジュールボードに描かれている円に自分のタイルを置くことになります。
 ボード上の円には勾玉が2つ重なった陰陽のようなマークになっており、ゲーム中ではこれが日本書紀1冊を表します。
 勾玉はそれぞれ5色のうち1つが塗られており、各色は故事(小話)のジャンルを表しています。戦記物、文学物、庶民物等となります。これら2つの故事が集まって日本書紀となるのです。
 ただし、この円はこの地域にこういった故事があるという情報を示しており、その故事自体が良いものかどうかはわかりません。
 内容はカテゴリカードという5色のカードが対応しており、東と西のアクションで収集できます。収集したカテゴリカードを2枚使い、中央のアクション「作話」を行います。
 こうすることで初めて、その円に自分のタイルを配置でき、得点を得ます。得点はカテゴリカードの数字の合計となりますが、得点カードは枚数が限られています。折角高得点を出しても対応する得点カードがない場合はより数字の小さい得点しかもらえません。

 これとは別にゲーム終了時に最終ボーナスとなるボーナスカード、セットを作ることで得点になる献上カードがあり、毎ラウンド3つのアクションをうまく選択する必要があります。

 平城の四君に続く、平城京遷都1300年ゲーム第二段となります。

The "Nihonsyoki" is the first histrical book in Japan. It's 30 books.
The player is one of the editors for the "Nihonsyoki", and needs to collect the small story. Then the player makes one of the "Nihonsyoki".

The player turn is three actions at three areas. The action is played once at each area. Then the next player start own turn.
When all players end own turn, the round ends. The game is 6 rounds.

And the four moduler boards are placed on the center of table. They can be changed the various pattern. So the players can play the various game.



For the victory points, the player plays two cards(Category card), and places own tile to one of the circles on the moduler board with the same color of the played cards.
The circle is made of two stories. The color is indicated the kind of the stories. For example, the red is the war, the yellow is the culture and the blue is the popular downtown story. These two stories make one of the "Nihonsyoki".

However the circle is only the information. The quarity is un-known. So the player needs to collect the high quarity of the story. It's the "Category card". They are collected from only two areas. And the player can action the "Make the story" action on another area.

Then the player can get the victory points with the total number of the Category cards. However the victory point cards of each number are limited, for example only three.
So the player needs to make the "Nihonsyoki" as soon as possible. If not, the player will get the lower points.

In other side, the player can get the points by the bonus cards or the offering cards.

So the player needs to choose three actions for every turn. It's like the light worker placement.

This is the second memorial game for the "Heijo Kyo" of the oldest city at 1300 years ago in Japan.

The first is the "The major four of Heizei".

Copyright (c) 2007 Kenichi Tanabe

inserted by FC2 system