みならいゆうしゃとまほうつかい

みならいゆうしゃとまほうつかい

The adventure with two kids

田邉顕一作
つぶうにP絵
ぺけ絵
1-6人(5)
10分
6歳以上

ゲームマーケット'12春初出予定

関連リンク

Author: Kenichi Tanabe
Illust: tsubuuni, P
Illust: Peke
Players: 1-6
Playing time: 10
Age: 6 and up

Coming from Gamemarket'12 Spring

External link


 あるところにゆうしゃとまほうつかいがいました。
 けれど彼らは半人前。まだ見習いでした。

 今日も今日とて、世界のどこかにいる魔王を倒すため、村のそばにある試練の洞窟でかわいいモンスターたち相手に特訓です。

 といった感じから始まる日本では王道のファンタジーをテーマにした協力型のカードゲームです。
 場札にはアイコンが2つ描かれたまほうカードが1枚ずつ12枚裏向けて置かれ、それとは別にモンスターカードの山があります。
 スタートプレイヤーはモンスターカードをめくります。そう、たった今みならいゆうしゃとまほうつかいの前にモンスターが現れたのです。
 そういう訳でまほうカードをめくってモンスターをやっつけます。モンスターには弱点というものがあって、アイコンで描かれています。それに合うようにカードをめくればいいんです。
 でもめくるのは1人1枚。1人ずつめくって行き、アイコンに合った時点で倒せます。倒したらまほうカードを全て裏向け、次のモンスターカードをめくって、ラウンドを続けます。
 ただし、間違ったものをめくり続けて過剰にめくると、モンスターからの攻撃にあってまほうカードが箱に戻されてしまいます。
 みないゆうしゃとまほうつかいは最後のモンスターまでたどり着くことが出来るでしょうか?

 ゲームとしては、カードをめくってお題となるモンスターカードに合わせる、という簡単なものです。ですが、このゲームは1手番に1枚しかめくりません。そして、間違えた時の代償は決して小さいものではありません。
 でも安心して下さい。ゲーム中に1度だけ仲間を頼ることが出来ます。しかし今は戦闘中です。皆は一斉に言葉を発します。よく聞き分けて、目的の魔法カードを探すのです。

 今回は高天原のゲームのイラストをよく描いて頂いている2人の絵師、つぶうにPさんと、ぺけさんに描いて頂きました。モンスターのイラストは、モンスター? と思わせるような可愛いモンスターばかりです。箱はつぶうにPさん、内表紙(上記右の絵)はぺけさんです。頑張って最後までたどり着きましょう。

    Please wait....

Copyright (c) 2007 Kenichi Tanabe

inserted by FC2 system